広域連合だより(No.9 平成14年7月)

  



介護認定審査会委員増員  


../dayori/koho8.htm 津軽広域連合が平成 11年10月に介護保険の審査判定を開始してから、2年半経過しました。平成14年3月までに、1195回の審査会が開催され、審査判定件数は49,172件にのぼっています。
介護保険制度に対する住民の認知度が高まっていることなどから、昨年度前半は市町村からの審査依頼が集中し、審査判定が遅れるケースもありました。
今後さらに審査件数は増大するものと予想されるため、事務処理の迅速化と審査会委員の出席負担の軽減を考慮し、平成14年度の審査会体制は、昨年度の審査会委員120名(24審査分会)から150名(30審査分会)に増員しました。
増員した審査会委員には、新たに柔道整復師と精神保健福祉士などを任命し、計14団体から委員推薦の協力を得て、審査会を運営しています。
毎週のべ12回ほどの審査会が開催されています
平成13年度介護認定審査会審査判定状況
0 4〜9月 10〜3月 割合 月平均
審査分会開催数  (回) 268 231 499 0 42
審査件数       (件) 11,509 9,110 20,619 100.0% 1,718
一時判定どおり   (件) 8,614 6,725 15,339 74.4% 1,278
要介護度変更    (件) 2,865 2,353 5,218 25.3% 435
再調査        (件) 30 32 62 0.3% 5

「ひと・まち知り隊」結成

  

長い歴史の中で培われてきた津軽の文化を理解し、さらに新たな活力ある地域づくりにつなげるため、圏域の歴史や現在のさまざまな話題、また「津軽の名人・達人バンク」で活躍する圏域内の人物について継続的に学ぶ学習会「ひと・まち知り隊」をホームページ上で開催します。「ひと・まち知り隊」は、次の二つのコーナーで構成されています。

 ☆つがる今昔物語
オープニングを飾るのは、木村護栄氏(田舎館村埋蔵文化センター館長)が語る「米どころ津軽」について、3回シリーズの第1回「コメの源流をたどる」
 
 ☆会いに行こうよ「津軽の名人・達人」
「津軽の名人・達人バンク」登録者が、講師として協力しているボランティアの内容等について紹介します。自発的で気軽にできる身近な地域づくり、人づくり活動について学習します。

つがる観光ラリー開催中!


つがる観光ラリーが今年も好評開催中です。ポイントはいずれも14市町村の観光担当者が太鼓判を押す観光地や観光案内所など。中には隠れた名所もあり、意外な発見があること間違いなし。この機会に、あなたの知らない津軽をぜひ実体験されることをお勧めします。そして運がよければ名産、名湯でさらに津軽をご堪能ください。



今年度も、4月20日から来年2月28日まで、津軽広域連合 圏域内56施設等をポイント としたスタンプラリーを開催しています。 四季折々の津軽を楽しんでいただけるよう、昨年度から通年開催となりましたが、今年度は、9月末までに応募された方の中から50名の方に、圏域内の有名温 泉の無料入浴券をプレゼントす る「中間賞」と、ラリー参加時に感じた“津軽”をテーマにした景観などの絵画・写真・エッセ イ・短歌・俳句・川柳・詩など一 人一点を応募された方の中から、抽選で50名の方に14市町村のとっておきの特産品をプレゼ ントする「とっておきの津軽大賞」を新設しました。  
ほかに、これまで同様次の四つの賞もあります。

  ★市町村賞(140名)    資格`5市町村以上のスタンプ       
                       賞品`各市町村特産品
  ★完走賞(20名)       資格`14市町村のスタンプ        
                       賞品`つがるロマン10s
  ★パーフェクト賞(5名)   資格`全56施設のスタンプ  
                       賞品`特選施設無料宿泊券
  ★フレンドシップ賞(6名)  資格`県外在住の方で5市町村以上のスタンプ
                       賞品`平成15年産のりんご5s

賞品数は昨年度の202から271へと大幅に増やし、 質・量とも大充実となっておりま す。
つがる観光ラリー応募用紙(パ ンフレット)は、ラリーのポイン ト対象施設および各市町村観光担当課にそなえつけてあります。 皆様どしどしご応募ください。

【ポイント対象施設
 1 弘前市立観光館
 2 津軽藩ねぷた村
 3 弘前市観光案内所
 4 弘前市りんご公園
 5 道の駅ひろさき「サンフェスタいしかわ」
 6 津軽こけし館
 7 鳴海醸造店
 8 烏城焼窯元
 9 津軽伝承工芸館
 10 青荷温泉
 11 虹の湖公園
 12 平賀町ねぷた展示館
 13 柏木温泉
 14 いわなの村
 15 白岩森林公園「森の家」
 16 産直ショップ「いちょうの木」
 17 滝の沢「ふれあい館」 
 18 浪岡町中世の館
 19 道の駅「アップルヒル」
 20 国民保養センター花岡荘
 21 板柳町ふるさとセンター(案内所)
 22 板柳町多目的ホール「あぷる」
 23 おおわに山荘
 24 JR大鰐温泉駅
 25 大鰐温泉スキー場(国際エリア)
 26 大鰐温泉スキー場(あじゃら高原エリア)
 27 アグリマーケット四季彩館
 28 岩木山百沢スキー場
 29 アソベの森いわき荘
 30 岩木山神社
 31 岩木山総合公園
 32 岳温泉観光案内所
 33 藤崎町文化センター
 34 白鳥観察施設「こーやまるくん」
 35 JA直売所「ふじの里」
 36 猿賀神社
 37 尾上町ふるさとセンター
 38 フラワーランド憩いの湯
 39 道の駅いなかだて「弥生の里」産地直売センター
 40 川部温泉(ふれあいセンター)
 41 常盤ふるさと資料館「あすか」
 42 JR北常盤駅
 43 ときわ温泉
 44 白神山地ビジターセンター
 45 ブナの里白神館
 46 ビーチにしめや
 47 グリーンパークもりのいずみ
 48 アクアグリーンビレッジANMON
 49 碇ヶ関御関所
 50 道の駅いかりがせき「文化観光館」
 51 古懸山国上寺
 52 たけのこの里
 53 星と森のロマントピア「白鳥座」
 54 農協直売所「林檎の森」
 55 御所温泉
 56 ロマントピアスキー場

公共施設予約システム稼動

 

公共施設予約システムが四月から本格稼動しています。文化センター、市民会館、体育館、運動公園など、圏域14市町村にある56公共施設をネットワーク接続し、どの施設からでも、すべての施設の仮予約や、空き状況をリアルタイムに確認できるシステムです。また、FAXから施設概要を得ることもできますし、インターネットやiモードで前日までの空き状況が確認できます。利用可能な施設については、各市町村へお問合せください。

     URL:http://www2.hi-it.net/akijoho/S/main
     iモード:http://www2.hi-it.net/i/
    

津軽広域連合選挙管理委員会

  

14年2月25日をもって任期満了となった津軽広域連合選挙管理委員会委員が、3月定例会において改選されたことに伴い、4月19日、津軽広域連合会議室で委員長選挙などが行われ、次のとおり、新しい体制が決まりました。
   
     委員長          石戸谷 一弘(弘前市)
     委員長職務代理者  木立   康彦(黒石市)
     委員           工藤   忠作(大鰐町)
                   下山   幸男(相馬村)

一般廃棄物広域処理共同研究事業

 

津軽広域連合では、圏域内の一般廃棄物(ごみ)処理の現状分析と圏域内一部事務組合統合後の広域処理行政のあり方を探るため、平成14年度において、圏域内から選任された8名の委員と弘前大学との、共同研究事業をスタートさせました。主な研究内容は次のとおりです。

   ▼弘前、黒石、中津軽郡の一部事務組合のごみ処理状況分析
   ▼事務組合統合後の事務事業、処理施設の活用に関すること
   ▼ごみの分別形態の統一に関すること
   ▼ごみ有料化に関すること
   ▼ごみ袋の統一の検討
   ▼一部事務組合の資産に関すること
   ▼統合後の広域連合と関係市町村の役割(広域連合と市町村の事務の線引き、窓口業務の統一)

津軽の名人・達人バンク

  

津軽広域連合では、皆さんの生涯学習等に役立てていただくため、地域に住む様々な分野の名人・達人の方に、講師の協力者としてご登録いただいております。お子様の夏休みの計画や生涯学習に、「津軽の名人・達人バンク」をご利用ください。

  《利用方法》

    @ 各市町村の生涯学習担当課や公民館にある冊子か、広域連合ホームページでバンク登録者をチェック
    A データ公開している講師には直接依頼。非公開の場合には広域連合にご連絡ください。


Copyright 1999 Tsugaru 14. All rights reserved.