津軽広域連合
Powerd by Google
サイトマップ
小さく 標準 大きく
ホーム 広域連合概要 名人達人バンク バスツアー 特派員 介護・障害 観光・物産 リンク
  • ソフト事業概要
  • 連合だより
  • 津軽の名人・達人バンク
  • ふるさと探訪バスツアー
  • とっておきの津軽大賞
  • 地域資源特派員
    PDFファイルをご覧頂くには、
    Adobe Readerが必要です。
    ダウンロードはこちらからGet Adobe Reader
 

  津軽広域連合では、普段の生活の中に何気なくあるものに光を当てることで地域資源として新たな価値を見いだすとともに、その個性・魅力の共有化を図ることにより、圏域住民の一体感の醸成及び相互交流の活性化を促すことを目的に「地域資源特派員事業」を実施しております。特派員の登録および報告もとても簡単ですので、どしどしお申し込みください。
 また、これまで特派員から頂いたレポートを基に、「地域資源マップ」を作りました!
 津軽には、まだまだ埋もれている地域資源がたくさんあるはずです。
 皆様からのたくさんのご報告をお待ちしております!!

 
 「地域資源マップ」はこちら


地域資源ってなに?

 その地域に存在する特徴的なもののことです。動物・植物・風景・祭事・食べ物など、その土地にあるものであれば、何でも地域資源になります!

応募資格は?

 津軽広域連合圏域(弘前市、黒石市、平川市、藤崎町、板柳町、大鰐町、田舎館村、西目屋村)に在住、在勤または在学されている方であれば、誰でも特派員になれます。特別な資格等は一切不要です

どうやって応募するの?
 
 登録申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ、メール・FAXにて津軽広域連合まで送付してください。登録決定通知を送付いたしますので、お手元に届きましたら、特派員としての活動が開始となります。

 登録申込書(.doc)のダウンロードはこちら


特派員になったらどんなことをするの?

 日常生活を送る中で、テーマに合った地域資源を見つけたら、場所、時期、感じたことなどについてレポートを作成し、写真があれば添付して、郵送、FAX、またはパソコン・携帯電話のメールなどで提出してください。

※郵送・FAXによる提出を希望される方には、レポート様式と返信用封筒(郵送の場合のみ)を当方より送付します。

 レポートの報告例(.pdf)はこちら

 メール用のレポート様式(.doc)はこちら

報告したレポートはどうなるの?

 受けたレポートを整理して、マップやリーフレット等を作成し圏域内に配布する予定です。また、津軽広域連合のホームページや広報紙にも随時掲載します。
 ※ペンネームでの公表も可能です

報告から公表までの流れ



平成29年度のテーマは?
 
  次の3本立てです。
◆あなたのまわりの“季節を感じる”もの
◆まちで見かけた“時代を感じるもの”

◆あなたのまちの“奇祭・奇習”
 あなたの日常にあるものが、活用次第で地域の魅力を大きく向上させる可能性を秘めています。これまで気づかなかった、思いがけない津軽を見つけてください。

その他

 本事業は報酬等はございません。あらかじめご了承ください。

お申し込み・お問い合わせ先
〒036-8003 弘前市大字駅前町9番地20  HIRORO(ヒロロ)3階
津軽広域連合「地域資源特派員」係
電話 0172-31-1201
Fax  0172-33-2201
E-mail rengou@tsugarukoiki.jp